うさ太郎情報室

独身異常男性の日常

ゾンビランドサガを観た感想

ゾンビランドサガを観た。忘れないうちに感想をまとめておく。

 

 

ベストアルバムを買っている人をタイムラインでちらほら見かける。
微力ながら俺もOPをiTunesにて購入した。

徒花ネクロマンシー

徒花ネクロマンシー

  • フランシュシュ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ちゃんと口上が入っているのが良い。


1番終わりの「覚悟を 宿命(さだめ)に突きつけて」ってパート、てっきりたえちゃん(CV. 三石琴乃さん)が歌っていると思っていたが、調べてみたら純子ちゃん(CV. 河瀬茉希さん)のようだ。全く気付かなかった。

 

サキちゃん(CV. 田野アサミさん)は本編と歌声が同じで凄いと思う。というのも大学の友人が「声優の実力を表す一つの指標として、アニメの声と歌声が同じかどうかを気にかけている。(その点、水樹奈々様はちょっとね……みたいな文脈で)」的なことを言っていたので、ついその点を気にしてしまう。
声優さんが歌う曲を聴くたびにこの発言を思い出す。もはや呪いの一種だ。

 

アイキャッチも毎回可愛かった。
2007年、BSアニメ夜話カウボーイビバップを取り上げた回で「毎週違うアイキャッチを用意するのは大変」と誰かが言っていたのを覚えている。
労に報いるためにも、今度鍋島を見かけたら飲もうと思う。

 

dアニメストアのアプリを利用してタブレットで全話視聴した。横になりながら気軽に観れるのが良い。また、ちゃんとお金を払って観ているので罪悪感を抱かずに済む点も良い。違法アップロードされた動画を観るのは良くないと自覚しているので(えらい)。

 

ところでブログにツイートを埋め込むのが楽しい。ついつい沢山埋め込んでしまう。
リプライを埋め込もうとすると、リプライ先のツイートも表示されてしまうことが今回わかった。

 
グラスリップの感想もまとめた方がよいのだろうか。

 

うさ太郎情報室でした。

使用してきた携帯電話の変遷

iPhone 11を購入した。

せっかくなので過去使用してきた携帯電話を振り返ってみる。

 

高校1年~高校2年

・メーカー: 京セラ

・機種: A5515K

・通信キャリア: au

中学卒業後、遅れて携帯の契約をしに行ったら碌な端末が残っておらず、デザインの悪いこの機種を選ぶしかなかった。

老人向けかと言いたくなる位でかい3つのボタンと丸い筐体が本当に嫌いで、人前でこの携帯をあまりいじらないようにしていた。

子供ながらに「二度と京セラ製品を買わない」と心に誓った。

むかつくので数年前、小型家電リサイクルに出した。 

 

高校3年~大学1年

・メーカー: Panasonic

・機種: W61P

・通信キャリア: au

気に入らない携帯を使わざるを得なくなった前回を反省し、2年縛りが切れたのと同時に機種変更。どの機種にするか、カタログを見ながら熟考した記憶がある。

薄くて四角いデザインが本当に好き。ワンタッチで開く点といい名機だと思う。

高校3年の時はこの携帯を使って地元FMの好きなラジオ番組によくメッセージを送っていた(隙あらば自分語り)。

まだ手元にあるので引っ張り出してみた。今見ても良いデザインだと思う。

f:id:usakado:20191203161725j:plain

f:id:usakado:20191203162558j:plain

 

大学2年~大学4年

・メーカー: Apple

・機種: iPhone 4, 32GB

・通信キャリア: SoftBank

iPhone 3GSが何か良さげだったので、ビッグウェーブに乗っかり購入。

IS03』とかいう酷評相次ぐスマホを使用している人が周囲にいた中で、正しい選択をしたと思う。

思い出深い端末なので、まだ手元に置いてある。もう電源が入りづらくなっているが。

ところでiPhone 4のGood Readerってアプリの中に「死にたいにゃんアイコンセット.zip」が入っているんだが、これをサルベージする方法はないのだろうか?
アイコンの元データが手元に無いのが何だか不安で。

 

大学院1年~会社員1年

・メーカー: ソニーモバイルコミュニケーションズ

・機種: Xperia Z1f

・通信キャリア: docomo

iOSAndroidどちらの方がよいのか、実際に使用してみないと真の比較はできないのではないかと思い購入。

国内企業の製品・サービスをできるだけ使ってあげようというモットーなので、国内メーカーの中では一番まともそうなXperiaを選んだ。

結果としては多くの不満点が残る端末であった。不満点を書き綴る。

  • Googleのアプリ、docomoのアプリ、Sonyのアプリがプリインストールされている、かつ削除できないようになっていた。
  • カメラレンズ内部が曇ったのか、使用してから1年ほどで写真が白くぼやけるようになった。
  • 通知が無いのに振動する現象がたびたびあった(ゴーストバイブと呼ぶらしい)。

二度とXperiaを買わない。むかつくのでこれも小型家電リサイクルに出した。 

 

会社員2年~会社員4年

・メーカー: Apple

・機種: iPhone SE, 64GB

・通信キャリア: IIJmio

コスパの良いスマホだった。

SIMフリー端末を買って、回線にはIIJmioを選んだ。友人が就活でIIJを受けていたので、「はぇ~、そういう企業もあるのか。」と思って選んだ。

使用して2年経つと、流石にバッテリーの劣化と発熱がひどくなってきたので買い替えを決意する。やはりスマホの寿命は3年程度なのだろう。

一応、目覚まし用にまだ枕元で使用している。

 

会社員5年~

・メーカー: Apple

・機種: iPhone 11, 128GB

・通信キャリア: IIJmio

「できるだけ性能の良いスマホが欲しい気持ち」と「半導体業界に金を落としたくない強い気持ち」がせめぎあった結果、iPhone 8でも iPhone 11 Proでもなく iPhone 11に落ち着いた。

音楽を入れると64GBでは微妙に足りない、でも256GBは絶対に持て余すと考えたので128GBを選んだ。

ホームボタンが無くなるのと顔認証が不安だったが、使っていると案外慣れてしまう。顔認証の成功率は体感95%。

バッテリー容量が大きい分、持っていると少し重いと感じる。

iPhone 11の大きさに慣れてからiPhone SEを触ると「小人用の端末か?」となる。

 

たぶんiPhone 11を3年くらい使用して、また新しいiPhoneを買うことになるんだと思う。

 

うさ太郎情報室でした。

仙台旅行 2019年11月

仙台へ遊びに行ってきた。
楽しさを覚えているうちにブログとしてまとめようと思う(殊勝な心がけ)。

 

以下の3点が今回の旅行の目的。

・伯楽星 純米吟醸 雄町を買う

・フォロワーとしこたま酒を飲む

・歯医者さんへ行く

 

1日目 11/16(土)

運転に先立って、BGM用にiTunesで映画『HELLO WORLD』の主題歌を買う。

『新世界』『イエスタデイ』『Pretender』の3曲を狂ったようにヘビーローテーションしながら磐越自動車道を駆け抜ける。

新世界

新世界

  • provided courtesy of iTunes
イエスタデイ

イエスタデイ

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

道中はいつものように、心のふるさと 西会津PA・福島松川PAで休憩する。

説明すると、西会津PA・福島松川PA新潟市仙台市間で運行している高速バスWEライナーの休憩場所。「学生時代の心を忘れないように」という気持ちで、自家用車で旅行しているにも関わらず毎回停車している。タイムラインの元WEライナーユーザーに好評。

 

無事、仙台に到着する。

誰にも伝わらない話をすると、仙台南ICを下りて八木山へ向かう道中、道端にベガスベガスの看板が立っている。ほほ笑む石田純一に対してこちらも負けじと指をさし返すのが来仙時の恒例となっている。

f:id:usakado:20191118193430j:plain

ベガスベガス看板のイメージ

 

八木山動物公園駅に車を停めて地下鉄で街中へ向かう。

ナインアワーズ(カプセルホテル)にチェックインする。
普段なら旨味太助で牛タン定食を食べるところだが、りょーかんさんの手料理が待っているので今回は我慢した。えらい。

りょーかんさん邸で晩餐を楽しんだ。特にひがしもの(塩竈に水揚げされたマグロを更に厳選したやつ)の刺身が美味しかった。

 

もうお腹いっぱいになったと思ったけど、アーケード歩いてたらおっぺしゃんを食べたくなったから青葉通店へ行く。ぬちょぬちょしたチャーシューが美味しかった。

 

ナインアワーズで気絶したように眠る。

 

2日目 11/17(日)

早起きできたら、そばの神田でコロッケそば食べて、夢を語れ女川へ行こうと思っていたのだができなかった。

寝坊してシャワーすら浴びれなかったので、風呂入りにキュア国分町へGOする。
全裸日光浴を楽しむ。

https://youtu.be/j07TCnhffCQ


ふと鶏レタスチャーハンを食べたくなったので北京餃子へ行く。
食券番号を読み上げる人はいつものおばちゃんではなく、バイトっぽい若い男性だった。少し残念。

 

仙台駅周辺をうろうろした後、廻鮮寿司 塩釜港へ行く。行列必至の人気店だが、流石に日曜17時は並べずに入れた。

瓶ビールを頼んだら黒ラベルのヤツ(大蛇丸)が来た。

最近気づいたのだが、寿司屋でビールを飲むときはジョッキよりもグラスでちびちびやる方が細く長く楽しめる。 

うさ太郎家の家訓に従い、安い寿司ネタで腹を満たす。
でもせっかく仙台に来たことだし、ということで最後に中トロを食した。

ちなみに渾身の「中ぬの」ツイート(中トロとぬの~をかけている)はぬのかわさんにふぁぼられなかった。今後も精進したい。

 

3日目 11/18(月)

アパヴィラホテル仙台駅五橋にて、出勤するサラリーマンを眺めながら朝食バイキングを食べる。

出勤するサラリーマンを眺めながら食べる朝食バイキングは本当に美味しい。

仙台のビジネスホテル界ではドーミーインとアパヴィラホテルが2強だと思っている。ただ、以前ドーミーイン仙台駅前で朝食バイキングを食べたら、歩道に面している窓に薄いカーテンがかかっていて出勤するサラリーマンを眺めることができなかった。そこで今回はアパヴィラホテルを選んだ。

 

歯医者さんへ行った後、仙台旅行最後の晩餐を何にするか熟考して結局、成龍萬寿山 本店へ行く。またみんなで水煮肉片つつきたいね。

 

藤崎で綿屋 純米大吟醸 黒澤米 亀の尾を、庄子やで伯楽星 純米吟醸 雄町、三井の寿 純米吟醸 バトナージュを買う。庄子やではいつも黒龍を買っていたので、今回は気分転換に三井の寿を選んでみた。

 

まとめ

iPhoneのヘルスケアアプリによると、1日目 10,405歩、2日目 13,853歩、3日目 10,317歩歩いた。脚が痛い。

かかった費用を計算してみると計40,847円であった。

f:id:usakado:20191118211230j:plain

費用 内訳

今後

次は2020年2月、伯楽星の会に合わせて仙台へ行く予定。

その際は伯楽星 純米大吟醸 雪華おりがらみを買う。

 

うさ太郎情報室でした。

2019年の目標 中間レビュー

働いているとPDCAサイクルを回すように言われる。私生活でもPDCAサイクルを回すと人生は改善されるのだろうか。検証したい。

 

2019年の初めに以下のような目標を立てた(Plan)。

・後ろめたくない日々を淡々と重ねる
・バイクで事故らない
・ブログを始めて2ヶ月に1回位の頻度で更新する
・ピアノを2, 3曲弾けるようになる
・夢に初恋の人が出ないように頑張る

 

これらの目標を意識しつつ、9ヶ月生活してきた(Do)。

ここで各々の項目について進捗状況を中間レビューしてみる(Check)。

ちなみにこの記事は本当なら2019年7月に投稿したかった(とどかぬ想い)。

 

・後ろめたくない日々を淡々と重ねる

2018年7月から資格勉強に力を入れるようになった。詳細は別の記事としてまとめようと思うが、2019年に入っても引き続き勉強を継続できているので、後ろめたくない日々を重ねられている。また、Nintendo Switch用ソフト『Fit Boxing』を2019年5月に購入して以来、週2, 3回の運動の習慣が生まれた。勉強・運動・読書・Twitterによって文化的な生活を営むことができている。

 

・バイクで事故らない

2019年4月にNinja 400 2019年モデルを購入した。

今のところ事故らずに運転できている。2019/09/16現在、走行距離1,000 kmなのでそもそもあまり走っていないというのもあるが。

 

・ブログを始めて2ヶ月に1回位の頻度で更新する

この記事を含めて計6回更新しているので既に十分達成したと言えよう。 

 

・ピアノを2, 3曲弾けるようになる

無理だ。『戦場のメリークリスマス』の楽譜を買ったが知らない音楽記号が多くて読めない。この目標はあきらめざるを得ない。

 

・夢に初恋の人が出ないように頑張る

夢に初恋の人が出てくる回数が13回以下になることが2019年の目標。

2019/09/16現在、夢に初恋の人が出てきた回数は計8回だった。月に1回、夢に出てきている。このペースで行くとギリギリ目標達成できるか。

 

目標の中間レビューのついでに、上半期に有給休暇を何日、何のために使ったのか振り返ってみた。

・集計期間: 2019/01/01~2019/06/30

・有給休暇取得日数: 8.5日

・取得理由 内訳
 ・体調不良(風邪、だるさ): 4.0日
 ・遊ぶため: 2.5日
 ・メンタル屋さん通院: 2.0日

振り返ってみると体調不良のために有給休暇を取得した日が多いことがわかった。下半期は体調管理に力を入れたい。具体的には風邪をひかないようにするために、外から帰ってきたら石鹸で手を洗うようにしている。

念のため補足すると、取得理由はブログ用にまとめたものであって、会社で有給休暇を申請するときに取得理由を書いているわけではない。

 

今のところ順調に過ごせているので、手洗いの励行以外は特に見直すActionは無いという結果になった。 2019年末には総括と、2020年の目標を発表したい。

 

うさ太郎情報室でした。

使っているパソコン

思うに、ブログというのはある程度頻繁に投稿しないと書くのが億劫になってしまう。はてなブログダッシュボード(管理画面)への辿り着き方も完全に忘れていた。「はてなブログ ダッシュボード」で検索してやっと記事編集画面を開くことができた。

前回投稿した「ブログのネタ」も一つ一つが気合を入れないと書けない内容なので、「いつかブログを書こう」と思っているだけでは永遠に書けない気がしてきた。

内容のある記事を書くためには、まず気楽な記事を量産して自分の中でブログを書くという行為に対する閾値を下げないといけない。

ということで今回は気楽な記事である。

 

今使っているノートパソコンのスペックを書く(唐突)。

・購入日: 2015/11/19

・メーカー: DELL

・機種: Inspiron 13 7000 シリーズ (7359)

・OS: Windows 10 Home 64ビット

・プロセッサ: Core i7-6500U

・ストレージ: 256GB SSD

・メモリ: 8GB DDR3L 1600MHz

・合計金額(税込): 114,980円

 

もし次にパソコンを買うとしたらMacBook Airを買うと思う。

実は今までMacを使ったことがないのだが、iPhone & iPadを使う生活をしているのでパソコンもAppleで統一したい気持ちが強くなってきた。

当然ながらスペックの良いパソコンの方が良いので、本当ならMacBook Proが欲しいところだがTouch Barが気に入らない。あれが廃止されない限りProを買うことはないだろう。

といっても今使っているInspironちゃんもまだまだ現役なのでMacBook Airを買うことになるのは数年先になると思う。

 

なんだかんだブログを書いていると楽しくなってきて、それなりの文章量を書けてしまう。

ちなみにこの記事を書くのにかかった時間は1時間であった。

 

うさ太郎情報室でした。

ブログのネタ

「2019年1~4月読んだ本」というタイトルの記事をゴールデンウィークに書こうと思ってから早1ヶ月が経った。

全く筆が乗らない。もう時効だと思い、別のタイトルの記事を投稿する。

前々から「ブログのネタ」を箇条書きでメモしていたので、今回はそれをコピペして記事とする。

以下、ブログのネタ。日の目を見ることは果たしてあるのか。

 

・バイク免許の話

・今まで生きてきて学んだこと

電験の勉強

・高圧ガス甲種機械の勉強

・最近の生活リズム

・気に入っている商品

・外でカレーを食べる気がしない

・できるだけヨドバシ.comを使うようにしている

・オススメの駅弁

・未だに中学高校のテストの夢を見る

・ゲーム実況を聞きながら寝ている

・疲れると「あー」「うー」言ってしまう

・仙台旅行について

・人に迷惑をかける酔っ払いが嫌い

・睡眠で心がけていること

Windowsの付箋をできるだけ使わないようにしている

磐越道の走り方

・記憶に頼る勉強をずっとやっていた

・読んだ本を月単位で紹介

・積んでいるゲーム

・積んでいる本

・観た映画

・職場で食べるお菓子の変遷

・カバンの中身

 

うさ太郎情報室でした。

作文が苦手だった話

小中高と作文が苦手だった。

白紙の用紙が配られると頭まで真っ白になる。

 

学校教育を批判するつもりは無いのだが、今振り返ると授業の中で書く訓練が少なかったように感じる。訓練無きままに書けと言われても書けるわけがない。作文を苦手と感じるのも無理はない。

 

大学の修士論文、仕事の文書等を通じて、どういう文章だとわかりやすいかをある程度理解した今となっては、文章を書くのも悪くないかなと思う。

 

文章を書く上で大事なのは結局のところ「自分が何を言いたいか」だと感じる。

軸がないと文章全体がぶれてしまう。

 

思い返すに、小中高の頃は自分が何を言いたいかが定まっていなかった。それ故に作文がつらかったのだと思う。

 

また大人になった今だから言えるが、手書きは作文の手段として向いていないと思う。この文章とこの文章を入れ替えた方がわかりやすいな、という時にctrl+x, ctrl+vできないのはつらい。

 

確かに高校の小論文の指導で「書き始める前に文全体の構成を練りましょう」と習った記憶があるが、全員が全員それをできるとは思えない。字数制限もあるだろうし。俺もできなかった。

 

PC、スマホ等、技術が進歩した現在となっては、作文の手段としてデジタルなものがあっても悪くないと思う。まぁ、じゃあお前が手段が色々ある小論文の試験監督やってみろよと言われたら、つらいものがあるのもわかるが……

 

何だかんだと書き連ねたが、将来的にはこうしてTwitter、ブログを楽しんでいるおじさんになっているんだから、作文が苦手でもあまり気にするなと小中高の俺に言いたい。

 

うさ太郎情報室でした。